社会復帰を目指して、前向きに歩いていきたい。Kakaのサイトです。

カカのホームページ(WordPress Ver.)

*

ローカル環境にWordPress開発環境を構築する②

Category:Memorandum WordPress

前回の記事でxamppのインストールが終了したわけですが、このままだとネット回線を通じて他者から自由にアクセスされてしまいます。ですので、セキュリティを設定して外部からアクセスできないようにする必要があります。

これからその手順を書きます。

①ブラウザを起動し、以下のURLにアクセスします。

http://localhost/

(ブックマークしておくと便利です)

②初期画面が表示されるので[日本語]をクリックします。

以下のような画面が表示されるので、メニューの[セキュリティ]をクリックします。

xampp3

(↑クリックで拡大します)

③セキュリティ画面が表示されます。

ステータスが全て「安全」ならセキュリティは万全ですが、「安全」でない場合は下のURLをクリックしてください。

(パソコン環境によっては文字化けしている場合がありますので、その場合はエンコードを変更して表示してみてください。)

xampp4

(↑クリックで拡大します)

④MySQL項目のrootパスワードとXAMPPのディレクトリ制御(.htaccess)のパスワードを下図のように設定する。

(必ず両方とも設定してください)

(xamppフォルダのsecurityフォルダ内にセキュリティ用のファイルが作成されます)

xampp5

(↑クリックで拡大します)

⑤設定が終了したら一度ブラウザを再起動し、再度 http://localhost/ にアクセス。ユーザ名(root)とパスワードを入力。メニューのセキュリティをクリックし、ステータスが全て「安全」になっていればセキュリティは万全です。

ステータスが「安全」になっていない場合は設定が間違っていないか確認してください。

次回はローカルサーバーにWordPress用のデータベースを設定します。

参照サイト:apache friends – xampp for windows

参考サイト②:Webデザインレシピ – 初めてのWordPress – まずはWordPressをローカル(あなたのパソコン)にインストール

※2013.1.10追加:これだけではxamppのサーバー環境のタイムゾーンが日本標準時になっていない場合があります。

タイムゾーンの変更に関しては以下の記事をご参照ください。

xamppのタイムゾーンの変更

 

«   »

※コメントの承認には時間がかかる場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL:http://kaka-tenhou.boy.jp/20130106/3560/trackback

Comment FEED